絵本と長男

最近、限界に近い状態で布団に入るので、寝る前に子どもたち絵本を読んであげることができないでいた。

昨夜も絵本を読んでとせがむ次女に、長男がパパは今日は読めないよと、諭していた。何となくその光景が悲しかったので、長男に「いいよ、今日は読むよ。」と言うと「ぐるんぱのようちえん」を背中からとり出して「え、そしたらこれもいい?」と長男。

「いいよ」というと、とても明るいきれいなにっこり笑顔をみせてくれた。

まぁ、それだけなんだけど、すごくその笑顔が印象的だったので。

ちなみにこの日次女が選んだのは「きんぎょが にげた」で三女が選んだのは「はらぺこあおむし」長女は自分で読めるようになったからか、あまりせがまなくなったけど、この日も呼んでいる声を聞きながらなのか、気付いたらもう眠っていた。でも、自分で読むのとはまた違うから、読んであげると嬉しそうなんだけどね。

テーマを変更してみた

もう一個のブログのWordpressのバージョンが古いままになっていたので、アップデートのついでにテーマをデフォルトのに変更したら、思いのほか見やすかったのでこっちのブログもそれに変更してみた。

ヘッダー画像も簡単に気軽に変えられるから時々かえようかな。

疲れ切ってソファにもたれかかって寝る長男とそれを真似る双子たち

長男は夕食の前に眠くなることが多くて、この日も気づいたらソファにもたれかかって寝てしまっていた。

その様子を写真におさめているところを見た双子たち、何を思ったか長男のまねを。

練習を楽しむ

今日長女はプール教室だった。(いつもは長男も一緒だけど、今日は先日公園で転んで顔を怪我をしてそれがまだ治っていないので念のため休むことにした。)

長女は休憩中にも自分で練習をする。

今日は潜って出てきた時にパッと口を開ける練習だったのだけど、タイミングが合わないのか、どうも自分のできに納得がいってないようだった。

長女は自分の順番がまわってくるまでの待ち時間に、何度も潜ってはパッを繰り返して練習をしていた。

練習後、少しだけ自由時間があることを告げられると、嬉しそうな顔をしてプールに飛び込んで行った。そして、けのびを繰り返す。何度も何度も。嬉しそうな顔をして。

その姿を見て(ある高校の同級生を思い出したのだけど、まあそれは置いていて)嬉しかった。

普段から、なんでもすぐにできるようになる事よりも、たくさん練習をしてできるようになる事がすごいんだよ、と言っている。

それもあって、自分から練習をしているのも嬉しかったし、それをとても楽しそうにやっているのも嬉しかった。

練習を楽しめるというのは、才能の一つだと思う。練習に限らず、どんなことでもやると決めたらそれを楽しめるというのはすごく大きい。

もちろん今は本当に楽しいからやっているのだろうけど、どんなことでも楽しいところを見つけて楽しめる、そんな力を身につけて欲しいな。

5人目の覚悟

妻から最初の妊娠を知らされた時、それが最初に覚悟を決めた時だと思う。その時の子は生まれないまま天に帰ってしまった。それを知った時、仕事場から妻がいる実家までいろいろ考えながら歩いて帰った。それが次に覚悟を決めた時だと思う。

長女は徹夜明けの早朝に生まれた。喜びで興奮していたその朝、家に戻って広いベッドで一人で寝ている時、自分の人生の目的が変わっていることに気付いた。長男の妊娠を知った時、生まれた時は自然に受け入れられた。ほとんど不安はなく喜びだけだった。

そして双子の時。最初に双子かもしれないと妻にきかされたとき、なんだかとても嬉しかった。でもそれからいろいろ調べていくうちに不安が大きくなっていった。今思えば本当の意味で覚悟をしたのはその時だったかもしれない。

うちの双子はMM双胎という双子の中でも1%もないリスクの高いタイプだと言われ(最終的にはよりリスクの低いMD双胎だった)いろいろ考えた。まず正常に育つか分からない。正常に育っても正常に生まれてくるか分からない。正常に生まれてきても後障害の発生率も高い。医者にまで堕胎することを進められた。今思えばその時が初めて本当の意味で覚悟をしたのかもしれない。どんな子が自分たちのもとにきても愛情をこめて育てようと誓った。当たり前のことなんだけど、その当たり前のことを生まれてくる前にきちんと確認しておきたかった。

そして5人目。今回は双子ではない。それでもやっぱり覚悟しなくてはいけないことは同じだと思う。どんな子が生まれてきても愛し育てていく覚悟。もちろん一人目や二人目の時にしていた何となくの覚悟はしていた。でも、仕事の忙しさや(ここのところの仕事の忙しさは尋常じゃない)妻の酷いつわりもあって日々の普通の生活がとても大変になり、それらに時間をとられて、ゆっくりとしっかりと考える時間がなかなかとれないでいた。

そしてその覚悟をするために、この文章を書いておきたかった。今、やっぱりまだ何となく、かもしれないけどもう少しだけ深い覚悟をできたと思う。まだまだ私は想像力が足りないのかもしれない。これからお腹が少しずつ大きくなってやっと自覚できてくるのかもしれない。それでも一旦は気持ちの整理をしておきたかった。

そしておそらく妻は自分自身の体が無事ではいられないかもしれないという覚悟も必要だったと思う。5人目だからといって特段リスクが高くなる訳ではないと思うけど、どんな場合にでも万が一ということはある。

もう一つ、お金の問題。4人でも既に限界を超えていた。自分の両親が自分を育ててくれたようには子どもたちにはしてあげられないだろうと思う。このままだと大学も自分たちの力で何とかしてもらうしかない、という状況になりそうだ。それでも、生まれてきただけで、存在しただけで、兄弟姉妹達と一緒に生きただけで、それだけでも生まれてこないよりはよかったんだ、と思ってもらえないかな。それは親のエゴかな。

もちろんがんばるよ。みんなで旅行にも行かれるように、人数にあった家に住めるように、やりたい勉強、体験をできるように、全力でがんばるつもりだ。そしてそれは絶対に花開くと思っている。

さて、がんばろ。楽しみながら。

長女、幼稚園最後の運動会。長男、二度目の運動会。

昨日は長女にとって幼稚園で最後の運動会だった。とにかく楽しんで欲しいな、と思っていた。

長女は終始これ以上ないというくらいの笑顔だった。

長女が出場したのは、主に障害物競走とダンスとクラス対抗リレー。

写真は障害物競走のスタート前に名前をよばれてガチガチになりながらもずっと笑顔の長女。走る前も走っている最中もゴールをした後も、自分の体だけではこの気持ちを表現できないとでもいうかのように顔も体もはじけていた。

ダンスでも(きっとそんなことは考えていないだろうけど)これで最後の幼稚園の運動会、後悔しないようにとでもいうように、これでもかというくらいに体を楽しそうに動かしていた。

リレーでは自分自身も思う存分走れたしチームとしても勝てたことで大喜びだった。

クラス対抗の親の綱引きも3年間で初めて勝ててとても嬉しかったようだ。(長女はいろいろとよく覚えていて、過去2年間負けてたこともはっきり覚えているのだ。)

長女がもう一つ楽しみにしていたのが、未就学児のかけっこ。ここでゴールした時にプレゼントを渡す係になっていて、妹たちに渡すのを楽しみにしていたのだ。これも無事に渡すことができた。

過去2年はこられなかったばーばも来られたし、お昼ご飯も一番中のいい子と一緒に食べられたし、長女にとってとてもいい運動会になったと思う。

 

長男はこういう行事はあまり得意ではないのかもしれない。特にみんなの前でダンスをしたりするのは。それでも一年前はほとんど参加していなかったのに比べるとしっかり踊っていたし声もだしていたようだ。さみしがりやの長男、来年は長女も卒園、妹たちはまだ入園しないので初めて一人になる。長男の気持ちを考えるととても心配になるし、つらい気持ちが伝わってくるけど、どんな様子をみせるのか、どんな成長をみせるのか、楽しみでもある。

長男はまだ勝ち負けを意識していないのか、かけっこではとにかく走れただけで楽しそうだった。3月生まれなので他のこよりも体が小さく、特にこの年齢では4月に生まれた子などと比較するとだいぶ差がある。それでも運良く?前の子が転んでしまって前にでることができた。来年はもうちょっと走るコツについて教えてあげよう。

 

あっという間に時が過ぎていく。一歩一歩成長していく姿は嬉しくもあり寂しくもあり。たった一日前のことだけど、思い出すと、もう胸が苦しくなるような思い出になっている。

毎日が大切な思い出になるような日々を送っている幸せを忘れないように一日一日を大切にしたいな、とあらためて思った。

 

 

久しぶりのアンパンマンミュージアム

久しぶりにアンパンマンミュージアムへ言ってきた。最後に言ったのは双子達が生まれたばかりの時に、長女と長男二人と三人でいったときだと思う。

長女は小さい頃からアンパンマンが大好きだった。それでも年齢がいくごとにアンパンマンが好きなのはちょっと恥ずかしい、と思うようになったようだ。個人的には大人の私でもアンパンマンは好きだし、ずっと好きでいて欲しいと思ってる。

ちょっと話がそれるけど私がアンパンマンを始めてきちんと認識したのは代ゼミの「西谷昇二」先生の講義でアンパンマンの歌をきいたのが最初だった。その歌詞にどれほど力づけられたことか。その後、子ども達がきくいろんなアンパンマンの歌でも元気づけられたこともたくさんある。

もし自身をなくして くじけそうになったら いいことだけ いいことだけ 思い出せ

(アンパンマンたいそう)とか。

そんなわけでアンパンマンは好きだし、子どもたちがアンパンマンを好きということも嬉しい。

続きを読む

長女のプレゼントとお願い

長女の友達のママに聞いた話。

その日は長女とその友達と一緒にそのママが買い物に連れていってくれた。いつもなら一緒に行きたがる長男は熱でお留守番。

友達のママ「1つ好きなものを買ってあげるよ」ところが長女は2つ持ってきたという。1つは自分の。もう一つは長男の。

持ち合わせがなかったので1つにしてほしいというと、しばらく迷って、自分のは置いてきた。

長男が熱でまいっているときに小さなピカチュウの人形を持って帰ってきて手に握らせて、「これでもう大丈夫だからね」と言っていたのがそれだったらしい。翌日熱が下がった長男をみて、満足そうに「ポケモンのおかげだね」とにっこりしていた。

 

その夜長女は「おねがいごと」と紙に書いて、はやく長男がよくなるようにとお願いを書き、物干しのところに結んでお願いをしていた。

 

 

よくけんかもするけれど、本当に仲がいい。長男はなんだかんだで長引いている。はやく元気になるといいのだけど。

子ども手当てがあっても控除がなくなることで年間18万円の負担増

[アップデート:住民税の扶養控除の金額の計算が間違っていたので修正、それにともないタイトルも年間20万円近くの負担増=>年間18万円の負担増に変更(2012/3/15)]

子ども手当てについて計算してみた。うちの場合は6歳以下が4人なので非常に厳しい状況になってる。ここまで子どもが多い家庭じゃなくても、おそらく思っている以上に子ども手当ての恩恵は少ないんじゃないかと思う。

子ども手当てができたことで所得税の0歳から15歳まで扶養控除が無くなった。来年からは住民税の扶養控除も無くなる。するとどうなるか計算してみた。

所得税は源泉徴収が既に月額1万5千円増えた。来年住民税の控除がなくなると年13万超、月にすると1万1千円の増税。これをベースに計算する国民健康保険料も年間約13万円上がる。月約1万1千円。

合計月に3万7千円の負担増。一方子ども手当ては児童手当と比べて、うちの場合現状の一人1万3千円支給で2万2千円の収入増。

[アップデート:表を追加(2012/3/15)]

年間 月額
所得税の扶養控除廃止による負担増 -180,000 -15,000
住民税の扶養控除廃止による負担増 -132,000 -11,000
住民税の増加に伴う健康保険の負担増 -132,000 -11,000
負担増合計 -444,000 -37,000
子ども手当による収入増 264,000 22,000
差し引き -180,000 -15,000

つまり子ども手当てになることによって月1万5千円、年間にすると18万円の負担増ということ。

約束通り一人2万6千円にするか、それは反対する人が多いだろうから、子ども手当てを廃止して扶養控除を戻してほしい。

子どもがたくさんで子ども手当てで潤っていいね、って言われることがあるけど実際には約20万円の負担増です。かんべんしてほしい…。

日本ってほんとに子どもや子育てに冷たい国だなとつくづく思う。

実際の子ども手当てによる恩恵を計算できるウェブページつくろうかな、なんて思ったりして。でも実際の住民税や健康保険料の計算方法は自治体によって違う。しかも、うちは国民健康保険だけど世の中的には社会保険の方が多いだろうし、そうなるとまた計算も違ってくるだろうから若干面倒かも。そのあたりの式はつくりますよ、という人がいたらつくるのもありかな。

とは言ってもこの勢いなら子ども手当ては廃止になりそうだから、いらないのかな。子ども手当てを廃止にするなら忘れずに扶養控除を復活してね。子ども手当ては何もしなければ自動ストップだけど扶養控除は国会で決めなきゃ復活しないのが恐ろしい。

人生ゲームが届いた

昨夜、サプライスで購入した「人生ゲーム」が届いた。
長男も長女も前から欲しいっていっていた。
自分も小さいときは大好きだったからこれとモノポリーは遅かれ早かれ買うと思っていたので昨日の朝にAmazonで2,400円だったこともあって購入してしまった。
レビューでも6歳と5歳の子で楽しんでいるとあったので、6歳長女、4歳長男でもなんと楽しめるかな、と思っていたのだけど、実際やってみるとまもなく2歳の三女も参戦してみんなで楽しめた。ま、三女はわけが分かっていないだろうけど、ちゃんと順番も待つし、お金をもらえたら喜んでいた。
そして結果もなんと三女が1番だった。

人生ゲームにはボードにかぶせるものがついていて、普通の人生ゲームの他にジュニア用もできるようになっている。今回やったのはジュニア用でほとんど自分で判断しなくてはいけない選択肢もないし、時間も30分程度で終わる。なので4歳の長男でも十分理解できたようだ。(自分が最初にゴールしたのに3位だったのには納得できなかったようだが。ちなみに長女も2位だったのに最後にゴールしたことで納得いっていない様子)

それでもとても楽しかったようでもう一度やりたがっていた。そのために急いで食事をしたり着替えをしたりしたのだけど、結局9時をまわってしまったので昨夜もう一度やることは断念した。
今朝早く起きてやるといっていたけど起きられるかな。いつもより40分くらい早く起こしてみよう。

今度は大人用をやりたいといっていたけどこっちは1時間前のくらいかかるらしい。あと1、2回ジュニア用をやってから時間のとれるときに一緒にやろう。