久しぶりのアンパンマンミュージアム

久しぶりにアンパンマンミュージアムへ言ってきた。最後に言ったのは双子達が生まれたばかりの時に、長女と長男二人と三人でいったときだと思う。

長女は小さい頃からアンパンマンが大好きだった。それでも年齢がいくごとにアンパンマンが好きなのはちょっと恥ずかしい、と思うようになったようだ。個人的には大人の私でもアンパンマンは好きだし、ずっと好きでいて欲しいと思ってる。

ちょっと話がそれるけど私がアンパンマンを始めてきちんと認識したのは代ゼミの「西谷昇二」先生の講義でアンパンマンの歌をきいたのが最初だった。その歌詞にどれほど力づけられたことか。その後、子ども達がきくいろんなアンパンマンの歌でも元気づけられたこともたくさんある。

もし自身をなくして くじけそうになったら いいことだけ いいことだけ 思い出せ

(アンパンマンたいそう)とか。

そんなわけでアンパンマンは好きだし、子どもたちがアンパンマンを好きということも嬉しい。

双子達も2歳になり、アンパンマンのアニメ自体はそんなに見てはいないのだけど例によってアンパンマンが大好きになった。それもあって今年の夏休みに行くものの一つに入っていた。夏休みももう半分が終わろうとしているのに、仕事が忙しく、夏休みらしいことを全くしてあげられていなかったので、なんとか隙間の一日をつくってアンパンマンミュージアムへでかけた。

もちろん、子どもたちは大喜びだった。双子達はもちろんのこと、ちょっと前までアンパンマンのアニメを怖いと言って見たがらなかった長男も、そして長女も喜んでいたのが嬉しかった。特に長女はちょっと恥じらいを見せながらも、2年前に来た時のようにはしゃいでる場面もあり、そんな姿をみて涙が出そうになった。そんなことで何で涙が出そうになるのか、よく分からないけど、親ってそんなもんなんだよね。

子どもはどんどん大きくなっていく。仕事で忙しい、なんて言っているうちに一年なんてあっという間だ。ほんとに久しぶりに来たという気もするけど、双子達が私たちのところへきたのなんて、ほんのちょっと前のような気もする。

 

<img class="alignright size-medium wp-image-440" style="float: right; border: 0px initial initial;" title="IMG_6986" src="http://tenki.cc/wp-content/uploads/2011/08/IMG_6986-300×199.jpg" alt="" width="300" height="199" srcset="http://tenki.cc/wp-content/uploads/2011/08/IMG_6986-300×199.jpg 300w http://www.inhandbag.com Replica Handbags, http://tenki.cc/wp-content/uploads/2011/08/IMG_6986-1024×682.jpg 1024w” sizes=”(max-width: 300px) 100vw, 300px” />

パンをこねる遊具を動かす長女は、ほんとに大きくて、でも2年前、もっと前の、最初にきた2歳のときと変わっていなくて、なんだか嬉しくて、大きくなったなぁと、寂しさとかは全くないんだけど、変わったのと変わってないのとが嬉しくて、今でも写真をみて涙がでそうになる。


長男もところせましと駆け回り、双子達の案内にも一生懸命だった。いつの間にか、おにいちゃんになったな。双子達も楽しんでいた。

ショーも短いけれどとても楽しくて、子どもたちも満足していた。50分くらい前から場所取りのために座っていた甲斐があった。といってもずっとアニメを上映しているし、15分くらい前からはお姉さんが手遊びなんかを始めてくれるからそんなに飽きてはいなかったようだ。

<img class="alignleft size-medium wp-image-442" style="float: left; border: 0px initial initial;" title="IMG_7280" src="http://tenki.cc/wp-content/uploads/2011/08/IMG_7280-300×200.jpg" alt="" width="300" height="200" srcset="http://tenki.cc/wp-content/uploads/2011/08/IMG_7280-300×200.jpg 300w Fake Bags Replica Handbags Replica Handbags, http://tenki.cc/wp-content/uploads/2011/08/IMG_7280-1024×682.jpg 1024w” sizes=”(max-width: 300px) 100vw, 300px” />

次女は朝は7時ごろに起きていたのだけど、結局昼寝もせずに家に帰ってきて、おみやげのロールパンナのパンを食べて9時になってやっと寝た。

おでかけしたときは、一つだけ好きなものを買ってあげるか、好きなアトラクションなどをやらせてあげているのだけど、今回は長女はシャツを欲しがった。3,000円もするシャツはわが家ではあり得ないのだけど、「アンパンマンのようふく一つもないんだよ。一つくらいあってもいいじゃん」という長女の声と自分の想いに押されて買ってあげることにした。

(そのかわり、よく分かっていない双子達は無しで、長男はこの間いろいろ我慢したからと買ってあげたゴーカイジャーの変身用の電話?を理由に無しにしてもらった。ごめん)

結局12時ごろから閉店の19時までいた。行ったことがある人なら分かると思うけど、あそこにこれだけ長い時間いられるのってすごいことだと思う。うちはどこへ行ってもだいたい時間ぎりぎりまでいるけど、子どもたちもこれだけ楽しんでくれると行った甲斐があって嬉しくなる。親の疲れ方も半端じゃないけどね。

車は平日の上限があるクーインズスクエアにとめていた。

行きは早く行きたかったので、妻がパン屋で間食用の買い出しをしている間に、長女を肩車して残り3人をベビーカーにいれてクイーンズスクエアの中を進んだ。外にでるとちょうど強い雨にぶつかってしまったので4人をベビーカーにいれて4人に傘を差し、後ろから妻が私に傘を差してくれて進んだ。

帰りにはみんなでゆっくり歩いて帰った。約束通り長男を肩車して、時々交代しながら進んだ。しあわせなしあわせなひとときだった。

本当に楽しかった。みんな楽しかったと言っていたけど、一番楽しかったのは、間違いなくパパだよ。ありがとう。

久しぶりのアンパンマンミュージアム」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。

    7才息子と6才娘を持つパパです。

    子どもさんたちに真摯に向き合う姿勢が素晴らしいブログですね。

    ブログを始めたばかりなんですが、是非その眼差しを学ばせて戴きたいと感じました。

    突然、失礼しました。

  2. kzhs さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
    お褒めの言葉、ありがとうございます!思ったことを適当に、しかも最近では気が向いた時にだけ、後でそのときの気持ちを思い出せればいいな、と書いてるのですが、そう言ってもらえると嬉しいです。
    ブログ、見させていただきました。哲学がお仕事ってすごいですね!私も哲学にはだいぶはまりました。でもそれがお仕事とは、新鮮な感じです。
    これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です