「はだかんぼったら、はだかんぼっ」

「はだかんぼったら、はだかんぼっ」

長男がはだかで踊りながら仕事部屋にやってきた。

「ちょっときてよー、ぱーぱ」
「もうひとりあかちゃんもいいよね?」

よく意味が分からなかったけど長男に連れられて行くと、ふとんに赤ちゃんが一人はだかでおかれている。妻を探すと赤ちゃん一人と風呂に入っていた。よく状況が分からなかったのだけど、今日は仕事が厳しいって言ってあったから一人で二人をお風呂にいれようとして、二人目をもう裸にしておいたのかな・・とも思ったけど、よく考えると妻が赤ちゃんをはだかでなにもかけずに放置するなんて考えにくい。

「ゆーたがねー、ひとりでやったんだよ」

なるほど、そういうことか。でも赤ちゃんの洋服も下着もおむつも一人で脱がせるとは驚いた。

「はだかんぼったら、はだかんぼっ」

赤ちゃんのまわりをぐるぐる回りながら踊り続ける。そこに長女も加わってお祭り状態。あかちゃんも笑ってる。

長男と三女「k」

長男と三女「K」

子供達といると毎日が新鮮だ。今日もまたひとつ成長を感じた。毎日毎日少しずつ大きくなっていくんだな。

よろこぶところのはずなんだけど、やっぱりどこか寂しさも感じてしまう。この日はもう戻らない。この日の子供達にはもう会えない。

毎日毎日を大切に、しっかりとうけとめて生きていきたいな、と思った。

母乳禁止命令

あやうく、みんな数日寝られなくなるところだった。

妻がひどく痛むという親知らずを急遽抜く事になった。

そして、それに伴って抗生剤が出された。そしてなんと服用期間中の母乳禁止命令がでたのだ。

まずいまずい。長女も長男も母乳だけで育ててきて、さすがに双子は足りないだろうということで、ごく初期はミルクもあげていた。ところが、やっぱり母乳の方が慣れていて楽だし、特に夜中は寝ながらあげられるから、いちいち起き上がって煮沸してミルクつくって飲み終わるまで起きてて・・よりもはるかに楽だ。

私にとっても母乳なら片方しか起きていないときは妻に任せられるし、両方起きたときは片方の授乳が終わるまで抱っこで待っていればいいだけ。しかも待っていると言ってもだいたい夜中は抱っこしていれば静かなので、そのままソファに座って寝てしまえる事もある。

そんな中の母乳禁止命令。ただでさえきつそうなのに、案の定数ヶ月ミルクを飲んでいなかった二人は哺乳瓶に拒否反応。いくらあげようとしても、いろんなやり方をためしても、大泣きするばかり。

IMG_1563夜中に妻と二人で途方にくれそうになったときに、一応もらった薬を調べてみた。

そしたらなんと授乳OKの薬じゃん!

歯医者さんもリスクを避けるために言ったんだろうけど、やっぱり正確な情報を教えてほしかったな。

とりあえずみんな数日間寝られなくなるということが無くてよかった。

双子誕生をビデオでまとめてみました

Final Cut Expressが届いたので早速双子誕生の様子のビデオをまとめてみました。

出産直前に知ったロードオブメジャーの「親愛なるあなたへ…」という曲にのせてつくってみました。

ビデオって撮るにはとってもなかなか見る機会がありませんが、こういう風にまとめると意外とみそう。1時間くらいを5分にまとめたけど、これで十分という感じ。

ぜひ見てみてください。